« 3D立体出力でフィギュアを作るの巻⑥ | トップページ | 3D立体出力でフィギュアを作るの巻⑧ »

2010年7月13日 (火)

3D立体出力でフィギュアを作るの巻⑦

。。+゚゚。。グリズリーパンダ 恋姫50+α体 立体化計画進行中 。。+゚゚。。

。。+゚゚。。  7/25 2010夏 ワンダーフェスティバル 卓番→1-07-05 。。+゚゚。。

モデラ 原点のズレ

今日はズレ補正の工夫についてをば。

ちょっと説明不足でした。
反転させるせいでズレるんじゃなくて、モデラ本体の原点が、作業毎にズレるのです。

片面だけの切削なら大丈夫!というわけではなくて、
荒削りから仕上げに移るときには、もうズレが生じているのでする。恐ろしい。
(ぱんだのモデラだけが、そんな仕様だとしたら、もっと恐ろしい。)

そこで、取り付けたのが、この黄色いアクリル板。
テーブル部分に付属のネジで固定。

こいつを使って、PC上の原点と、モデラの思っている原点が、
どれだけズレているのかを、手動で毎回補正するのです。

モデラ 原点のズレ


アクリル板に、直径1㎜の穴があけてありまする。
これを目印に、ドリルの先端を手動であわせることで、ズレてる数値がわかるのです。
その数値を打ち込めば、ズレ補正ができるのです。
これを発見するのに、一ヶ月…うぐぐー

こんなめんどくさい事を、毎回やっちょるわけで…

でも、作業を始めると2~3時間は、回り続けているわけだから、
それくらいはズレてしまうのも、しょうがないのかなーと思っておりマッスル。

まだまだ続くよ。

|

« 3D立体出力でフィギュアを作るの巻⑥ | トップページ | 3D立体出力でフィギュアを作るの巻⑧ »

3D立体出力でフィギュアを作る」カテゴリの記事

コメント

荒削りから仕上げにするときに原点ずれるってきびしー。

といってるうちに友達が中古で買いましたw
伝授いただいたとおり、アクリル板を勧めておきます。

投稿: 日常 | 2010年7月13日 (火) 23時38分

おおぅー!おいでませモデラ地獄。
ぱんだ式が有効だといいのですが…フヒヒ

投稿: ぱんだまん | 2010年7月14日 (水) 18時28分

ぱんださんの血汗は無駄にしないですぜ。フヒヒ。
って、買ったの友達だから地獄みるのはボクじゃないのよね(笑

目からビームで脳内イメージを切削できたらいいのにっ

投稿: 日常 | 2010年7月14日 (水) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181340/35738975

この記事へのトラックバック一覧です: 3D立体出力でフィギュアを作るの巻⑦:

« 3D立体出力でフィギュアを作るの巻⑥ | トップページ | 3D立体出力でフィギュアを作るの巻⑧ »